コンセプト

京急蒲田歯科の治療コンセプト

納得できるまで説明する

かねてより父が梅屋敷、京急蒲田にて「三宅歯科医院」を開設しておりました。
 
今回私が院長として就任するにあたり皆様にとって通いやすい歯科医院にする為にリニューアルを行い、親しみのある「京急蒲田歯科」という名前にさせて頂きました。
 
では通い易い歯科医院とはどんなところだろうか?
 
そう考えた私は皆様患者さんが歯医者さんにどんなイメージをもっているか想像しました。
私も歯科治療を受けたことがありますので一番に思い浮かんだのは「怖い」「痛い」でした。
 
ではなぜ「怖い」のか?それは自分が何をされるのか分からないので「怖い」のではないでしょうか?
 
ですから、まずは皆様がどんな治療を行ったら良いか分かり易く説明をする必要があると私は思いました。
 
そしてその治療方法に十分納得してから治療を行うべきだと考えます。
ですから分からないことがあれば何でも質問してみて下さい。
同じ質問を何度して頂いても構いません。
納得いくまでお話しましょう!
 
 
痛みの少ない治療

次に「痛み」ですがやはり歯科治療を行うにはどうしても少なからずお痛みを伴うと私は考えます。
 
え、どうして?麻酔をすれば痛くないんじゃ・・・と思うかもしれませんが麻酔を行っても麻酔が効きにくい人がいます。
 
よくお酒の強い人は麻酔が効きにくいと言われていますね。
ちなみに余談ですが私はアルコール分解酵素がないのでお酒が飲めません(笑)
 
と余談はそのくらいにしておいて、だったら私が麻酔にすぐかかるかといったらそうではありません。

ではなぜそう言われてるかというと昔はアルコールの一種であるエーテルが麻酔として使われてたのでその名残りだと思われます。
 
では麻酔が効きにくい人はどんな人がいるかというと

  1. 緊張してる人
  2. 炎症がおきてる人
  3. 骨太で麻酔が中々中に入っていかない人
  4. 麻酔が効かない体質の人

 

です。ほとんどの人が①〜③なので適正に麻酔を行えば効いていきます!
そして最初にもどりますが緊張をほぐすためにも「怖い」というイメージを無くすことが大切になってくるのです。
 
私はそんな「怖い」「痛い」歯医者さんのイメージを少しでも変えたいと思っております。
ですから、怖かったり痛かったりしたらすぐにおっしゃってください。
そしてそんなイメージが少しでも改善されていけば通い易い歯科医院ができるのではないかと私は考えております。
 

清潔感のある院内

またお口の中には人それぞれ個性があります。
また皆様生活習慣もそれぞれ違います。
なので人によって最善の治療方法は変わってくるのです。
 
お口で気になる事があればそのバックグラウンドを考え皆様それぞれにとってより良い治療方法を私と一緒に考えて頂けたらと思います。
やはりどんな人工の歯も自分の歯より優れたものはありません。
皆様が自分の歯を守っていけるように私は努力して参ります。
ですが皆様の歯を守るためには私一人の力だけではかないません。
 
皆様の協力が不可欠になりますのでその点だけはご理解ください。そして皆様の歯を守ることで少しでもこの生まれ育った蒲田の方達に恩返しできたらと思います。
 
まずは気軽にご相談ください。